コラム「利確は難しい!」

こんにちは!

nanaです

今回は、コラムを少し書きました。

タイトルは、

「利確は難しい」

です。

 

なせ利確は難しいのか?

例えば、自分がトレードを行ったとして、

含み益がどんどん増えだした状態をイメージしてみてください。

 

エントリーを仕掛けた後、

思惑通り、有利な方向に価格が進みだした時に、

人は何を感じるか?

 

【第1段階】

「よっしゃきた!」

「どんどんお金が増えてくよ!やったね!」

「自分のエントリーは正しかった!」

と感じるのではないでしょうか。

 

ただ、その数十分~数時間後。

あれだけ勢いのあった値動きが静まり返り、

ジワジワと価格の逆行が始まり出します。

目の前のチャートを見ていると、

あれだけあった含み益が徐々に減っていく・・・

そこでやってくるのが・・・

 

【第2段階】

「あれ?ひょっとして価格の上昇はココで止まるのか?」

「チャートをよく見たら、ココにレジスタンスラインが引けるかも?」

「損をしたくないから、含み益の間にストップを建値に移動しておこうかな?」

「それとも、もう利確しておこうかな?」

という気持ち。

 

その後、値動きによるプレッシャーに押し負けた人は

当初の優位性あるトレードを捨てて、ここでポジションを手仕舞ってしまいます。

もしポジションをキープしていたとしても、こういった状態にある自分のココロの中は、

【第3段階】である、

「神頼み・・・」

です。

 

その後、そのポジションが当初の利確ポイントまで到達してくれたのかどうかは

わかりませんが・・・

エントリー後から、ポジションクローズまで

終始、感情のジェットコースター状態です。

 

ここまで読んで、

「当てはまっているな~」

と感じた方は、本来の自分らしいトレードが実践で実行出来ていない

可能性が高いです。

 

第1段階では、これまで培ってきたテクニカル分析からくる優位性に乗り

順風満帆なトレードを開始した状態なのですが、

第2段階の状態では、テクニカル分析とは関係の無い、

「感情」

という、人間らしい思考回路が働き出した状態になります。

 

これは何も特別な事ではなく、

人であれば誰にでも当てはまる、ごく自然な反応なんですね。

とはいえ、

トレードを難しくしている一番の原因にもなっています。

 

こういった状態が発生するようであれば、

いくら、優良セミナーを受けて「ホンモノ」の話しを聞いたとしても、

いくら、練習(検証やデモトレード)ではその手法を習得出来ていたとしても、

「欲と恐怖」

が入り混じった心理状態でトレードを行う事になるので、

それは、長い目で見て、心身共に散々たる結果になってしまう可能性が高いです。

 

「利確は難しい」を一文で表すと、

「エントリー前は、テクニカル分析により理性的な自分を保てているが、

 エントリー後は、理性がどんどん縮小し【欲と恐怖】の本能が出てくる。」

から、「利確は難しい」のです。

 

トレードは、

「どこでポジションを持つか?」

と共に、

「どうなったらポジションを手仕舞うか?」

も、あらかじめ決めておく必要があり、

それを、何があっても遂行し続ける強さを作り上げる必要があります。

その行動が出来てこそ初めて、手法の優位性が発揮されます。

 

トレード時に、「感情が出ているな」と感じた時は、

今日の話しを思い出してもらえればと思います。

 

ではまた。

 

※参考記事

利確について考える (ポンドドル+60.3pips オージードル+63.9pips)

利確について考える (ポンドドル+60.3pips オージードル+63.9pips)

 

トレードに関するご質問・ご感想・ご相談などありましたら、

以下「お問い合わせ」フォームよりお知らせくださいね(^^

トレード報告もお待ちしていますよ~

お問い合わせ

ブログランキングに登録しています!

応援クリックをしてもらうと、

これからのブログ更新の励みになります(^^


FXトレード日記 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

添付画像(JPEGオンリー)