イギリス指標発表からの値動き (ポンドドル下目線)

こんんにちわ!

nanaです

今日は、ポンドドルでのトレードです。

引き続き、目線としてはドル高方向。

そんな中、チャートの波形が目に留まった通貨ペアでした。

ちょうど、18時30分に、イギリスの指標発表があったので、

そのあたりからの値動きを動画に撮ってみましたよ。

2/9 18:30頃~ (約10分)

youtu.be

f:id:akinana07:20180210120110j:plain

追加で、ドルスイスとドルカナダも追いかけていましたが、

結局、ドルの流れが思うように感じられず、この日は見送りとなりました。

見送りという判断を行ったという事ですね。

普段、ボクはこんな感じで値動きを追いかけています。

その時、トレードチャンスにつながる事もあれば、そうでない時もあります。

そればかりは、チャートさんの値動き次第なんですね。

今回のポンドドルは、自分が得意とするアプローチとは違った値動きだったので、自分の中では、

「しっかり見送れた」

なっていう意識でいます。

大局としては、思惑取りドル高(下方向)に進んでいきましたが、

それを見送って正解だと思っているという事です。

この意味を考えてみてください。

そのトレードを、実行するか?見送るか?

そこでエントリーし、利確になったら?損切りになったら?

自分らしいアプローチとチャートを照らし合わせ、

都度そういった判断を行っていく。

その結果、見送る事も立派なトレードになると思っています。

何も、エントリーする事だけがトレードではないですからね~

「利益が出る期待があるからこそエントリーを行うわけだが、

同時に、そのトレードで損をする可能性だって十分にある。」

そのトレードを、なぜエントリーしたのか?

そのトレードを、なぜ見送ったのか?

自問自答を続けることによって、

着実にトレーダーとしてのチカラが蓄えられていきますよ。

ではまた!(^^)/

応援クリックをしてもらうと、

これからのブログ更新の励みになります^^


FXトレード日記 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

添付画像(JPEGオンリー)