レジサポ転換!(ユーロドル トレード解説)

こんにちは!
nanaです

今日は、先月行ったトレードをまた1つ紹介しながら、
相場観について話しをしていきたいと思います。

今日のお話しは、
「レジサポ転換」
についてです。

トレードをされている方なら、一度は聞いたことがある言葉だと思いますが、
簡単に言うと、
「(ダウントレンドの場合)前回安値だった価格帯を下抜けた後、
その価格帯が次のレジスタンスとなり下落する。」
ということですね。

「そんなの知ってるよ~」という方も多いと思いますが、
ただの、「レジサポ転換」とはいえ、

・それまでの大局の流れ
・パターンが発生する位置
・その位置での細かな値動きの変化

この3つをしっかりと読み解っていくからこそ、
古典的な「レジサポ転換」パターンでも、
優位性の高いトレードになるんですね~。

今回紹介する局面は、「押し目買い・戻り売り」の、
基本的なチャートパターンとなる、
「レジサポ転換」を捉えたトレードになります。

どういった「流れ」の中で発生している、
どういった「レジサポ転換」なのか?

動画で紹介してみました~(^^)/

 

2018.8.9 ユーロドル(約10分)

 

ご意見、ご感想・質問などありましたら、
記事の下の方にある、「コメントを書く」より、
お知らせくださいね(^^

 

応援クリックをしてもらうと、
これからのブログ更新の励みになります(^^


FXトレード日記 ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

添付画像(JPEGオンリー)