「チャートパターンの形成」を見てみよう!

こんにちは!
nanaです

今日は、「チャートパターンの形成」について、
話しをしたいと思います。

 

日々流れていく値動きの中で、
節目となるポイントで現れるチャートパターン。

優位性のあるトレードを行うには
その値動きを捉えていきたいですよね。

チャートパターンの代表的なものとしては、

「Wトップ・Wボトム」
「H&Sトップ・H&Sボトム」

などが有名ですが、
より大衆の先を行く、優位性の高いトレードを仕掛けていくには、
パターンが完成してからでは時すでに遅しです。

では、
形成されていくチャートのどのような部分に注目し、
その値動きから何を読み取っていくのか?
そのあたりの話しを、昨日行ったトレードの解説を交えながら、
チャートパターンが形成されていく様を解説していきますね。

動画で解説 (約14分)

EURNZDトレード

GBPCADトレード

 

値動きというものは、
ほとんどの局面では、とてもゆっくりなんです。

そして、
よせては返す波のように、
上昇と下降を繰り返しながらも、
ジワジワと価格の偏りが起きていきます。

その価格の偏り、
買いと売りのチカラ関係がチャートパターンとなり、
その後の急激な値動きに繋がっていきます。

 

値が動いてしまえば、それは誰にでも認識できるものですが、
誰にでも認識できる局面には、旨味がありません。

今回の内容を元に、
チャートが形成されていく様を注意深く観察してみると、
見えてくるものがたくさんあると思いますよ~

チャートさんは、
ちゃんとメッセージを発信してくれてるんでね(^^

 

 

 

ご質問・ご相談などありましたら、

「お問い合わせ」フォームよりお知らせくださいね(^^

 

ブログランキングに登録しています!
応援クリックをしてもらうと、
これからのブログ更新の励みになります(^^


FXトレード日記 ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

添付画像(JPEGオンリー)