クロス円やっぱり下落!(AUDJPY+45.1pips NZDJPY+44.3pips EURJPY+54.2pips)

こんにちは!

nanaです

 

今回は、先週追いかけていたクロス円の値動きを

振り返ってみたいと思います!

結果として、先週末の1/14(金)に、

見立て通りの円高下落が発生してくれましたので、

デイトレサイズで計3トレードを行い、

結果は、

・AUDJPY +45.1pips

・NZDJPY +44.3pips

・EURJPY +54.2pips

と、勝ち星を3つ拾いましたよ(^^

 

ということで、これから

このトレードを時系列で振り返ってみたいと思います!

 

まずは1/11(火)の時点では、

クロス円の、円高N字下落に注目していますよという見立てを、

ブログとメルマガで紹介していましたね。

ここでのポイントは、

日足サイズの戻り売りをイメージしての、狙いは下方向ということでした。

 

↓↓その時のブログ記事はコチラ↓↓

円高のN字下落なるか?(クロス円下目線)

 

↓↓相場分析メルマガ動画はコチラ↓↓

▼2022.1.11 円高のN字下落なるか?▼ (約8分)

 

ここから先、

1/11(火)の時点から、エントリーに至るまでの値動きを

チャートを使って振り返りながら、ざ~っと動画で解説してみました!

詳しく話しをした分、動画が少し長くなっちゃいましたが、ぜひご覧くださいね(^^)/

 

▼2022.1.14 クロス円やっぱり下落!(AUDJPY+45 1pips NZDJPY+44 3pips EURJPY+54 2pips)▼(約24分)

 

▼2021/1/14 10:00 AUDJPY・NZDJPY・EURJPYショートエントリー▼

 

▼決済 AUDJPY +45.1pips  NZDJPY +44.3pips  EURJPY+54.2pips▼

 

今回、

11日の時点から、クロス円たちの日足N字下落をイメージしていましたが、

実際の値動きとしては、週の中盤では円安の流れがあり、

4時間足サイズの波では上目線となるような上昇が入っていました。

ただ、日足サイズの波では戻り売りの局面に変わりは無い状態なわけで。

その時の上昇は短期的な深めの戻しだという認識で俯瞰し、

大局の目線は下のままで固定していたところが1つポイントでした。

 

そこから、

エントリーを行う前日の、13日の動きがターニングポイントでしたね。

各クロス円の通貨ペアたちの日足は、高値切り下げが見込める値位置で、

反転下落を示唆するローソク足のプライスアクションが発生し、

クロス円としての値動きの同期も見えていました。

これによって、今後N字下落のチャートパターン形成へ向けて、

大きな円高への値動きが各通貨ペアで発生していく事がイメージできました。

 

▼2022.1.14 7:00時点▼

 

ここまでくれば、あとは、

適切なタイミングでエントリーしていくための

「いつ?どこでエントリーを仕掛けるか?」という

タイミング取りですね。

 

14日の朝の時点で、

主要7通貨に対するクロス円が全面的に円高へ流れており、

円がとても強い状態である事を市場から読み取っていましたので、

近く、日足の波が戻り売り開始の下落波を描きにかかるとは見ていましたが、

4時間足の波ではまだ上を向いているようにも見えますので、

4時間足サイズではタイミングが取れないと判断し、

この時のトレードサイズは、

この日の日足が陰線になる想定の中での、デイトレサイズにしました。

 

という事で、30分足サイズでの値動きを朝から見ていると・・・

当日は、早い時間から大きな動きが発生しました。

午前10時、クロス円全てが一斉に円高方向に加速したところで

ショートエントリーです。

狙った獲物は、AUDJPY・NZDJPY・EURJPYの3つ。

 

▼2021/1/14 10:00 AUDJPY・NZDJPY・EURJPYショートエントリー▼

 

短期足のエントリータイミングとしては、

価格停滞からのブレイクになっており、

上昇の波から下落の波に切り替わっての下落波中であり

円高が加速したタイミングになります。

 

ここで意識しておきたいのは、

上位足である日足の大きな波が、

波の戻り目から下に向いて加速し始めている環境だという事が、

どういったカタチでエントリーするかよりも、

大切な要素だという事ですね。

ということで、ここから、

全面的な円高の加速を見込んでのエントリーです!

 

エントリー後は、いつもの通り、

ルール通りの逆指値(ストップ)と指値(リミット)をセットし、

後は放置と。

 

そして、寝かせる事13時間・・・

 

▼決済 AUDJPY +45.1pips  NZDJPY +44.3pips  EURJPY+54.2pips▼

 

エントリー後、ロンドン時間までは小康状態が続いていましたが、

ニューヨーク時間に入ったところで、

大きく円高の動きが加速していきました。

1日の中でも、取引量が圧倒的に多いロンドン時間では動かず、

東京時間とニューヨーク時間で動くという、

少し珍しい1日の動きでした。

 

なにはともあれ、

その日のうちに、無事に設定リミットにまで到達してくれて、

3つとも利確決済で終了です(^^♪

 

今回のトレードは、タイミング取りとしては難しかったと思いますが、

大局である日足の波をイメージしながら、その値動きの中を少し頂くという、

マルチタイムフレームによる環境認識を活かしたトレードでした。

 

N字パターンという波の傾向を使った環境認識を行うための

参考にしてみてくださいね。

 

それではまた!(^^)/

 

 

トレードに関するご質問・ご感想・ご相談などありましたら、

以下「お問い合わせ」フォームよりお知らせくださいね(^^

お問い合わせ

ブログランキングに登録しています!

応援クリックをしてもらうと、

これからのブログ更新の励みになります(^^


FXトレード日記 ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

添付画像(JPEGオンリー)