トレードコンセプト

 

 

これからFXを始めようという方へ。

そしてFXを成功させるため、日々ガンバっている方々へ。

ボクが専業としているFXのトレードコンセプトを紹介しますね。

 

「専業トレーダー」と聞けば、どんな人を想像しますか?

「日々の値動きをつぶさに監視し、売買機会を虎視眈々と狙っている。」

「多様なチャート分析スキルを駆使して、たくさんの局面で自由自在なトレードを仕掛けていく。」

そのようなイメージを持たれる方もいるのかなと思います。

 

が・・・

 

ボクの場合、

いくら専業トレーダーだからといっても、

朝から晩までず~っとチャートを監視しているわけではありません。

そんな生活では、相場からお金を引き出すことが出来ても、

チャートの奴隷となる人生になってしまいますから。 (^^;

 

ボクのトレードコンセプトは、

「勝てるFXトレードを、日々の生活へ自然と組み込みこもう!」

です。

トレード自体はあくまで目的達成のための手段であって、トレードに求める本来の目的は、

「お金と時間を両立させる事。」

そういった考え方を大切にしています。

ですので、ずっとチャートに張り付くようなトレードをしているわけではないんですね。

 

ボクのトレードスタイルでは、1日の中でチャートを確認する時間はいつも決まっていますので、

その時、その数分だけ相場と向き合い、その他の時間は自分のやりたい事をやる。

これは、値動きの本質を捉えつつも、判断材料と思考を極力シンプルに絞っていく事によって、

ラクな精神状態で、相場さんと末永~くお付き合いしていくために作り上げたスタイルです。

 

サラリーマンや主婦の方など、

日々限られた時間を過ごす方にも、大いに有効なトレードスタイルですよ (^^

 

 

 

◎使用時間足は「日足」と「4時間足」

 

現在のトレードスタイルは、2018年9月頃より本格稼働させたスタイルとなっていますが、

基本的な相場観である、押し目買い・戻り売りの考え方は、このブログを開始した2017年2月

それ以前よりずっと変わっていません。

 

先に述べた、

「勝てるFXトレードを、日々の生活へ自然と組み込みこもう!」

というコンセプトの元、時間的にチャートに囚われず、

シンプルかつ再現性の高いトレードスタイルを模索し、作り上げてきた結果、

日足・4時間足という大きさのチャートに辿り着きました。

 

なので、チャート監視は4時間ごとになります。

これだと、日々の生活の中でチャート監視が忙しすぎず、かといって見なさすぎず、

チャートさんといい距離感が保てたトレードを続ける事が出来ますからね。

 

 

1日の流れにおけるトレードのタイムテーブルは以下の通りで、

そのタイミングで仕掛けのサインが出ればトレードを行います。

 

AM 6:00 ⇒ 朝は弱いので大体寝てる・・・(事前に目ボシをつけた通貨ペアがあれば早起き)

AM 10:00 ⇒ トレードGo(オセアニア・東京時間)

PM 2:00 ⇒ トレードGo(ロンドン時間へ向けての価格形成)

PM 6:00 ⇒ トレードGo(ロンドン時間)

PM 10:00 ⇒ トレードGo(ニューヨーク時間・米指標後の価格形成)

AM 2:00 ⇒ 夜更かししてたらトレードGo(ニューヨーク時間午後 あまりムリせず・・・)

 

※冬時間の場合はそれぞれ1時間後ろにズレます。

 

仕掛けはだいだい、AM10:00~PM10:00(夏時間)の間で行い、

慣れてくればスマホでもトレードできますよ (^^♪

 

1回のトレード保有時間は、当日~2日程度で、

どれぐらいの時間をかけてターゲットまで届くかは、相場さん次第という考え方です。

 

 

 

◎監視対象通貨は28通貨ペア

 

トレードは4時間足の確定ごとに行いますが、4時間足チャートが波を描き、

仕掛けポイントが発生するまでには、それなりに時間がかかります。

なので、その時にいい値動き、いい値位置を付けているチャートをより多くの市場から探し、

そこで勝負するために、多くの通貨ペアを見るということですね。

 

これは以前、テクニカルアナリスト資格保有者向けに案内された、

ペリー・J・カウフマン氏が来日講演された時にあった話しの中で、

 

「重要なのは、どの手法を選ぶかではなく、どの市場を選ぶかである。」

 

という考え方に共感を得ています。

 

 

※その時の記事はコチラ

日々、勉強です!(セミナーに行ってきました)

 

 

通貨ペアによって、出来高による市場規模の大きさは様々ですが、

感情を持った人間が相場で取引を繰り返す以上、

シンプルなテクニカル分析による優位性は、

どの市場でも、過去も未来も再現され続けるという事です。

 

また、

為替市場では、様々な思惑を持ったトレーダー達の売買によって、

時によって、強く買われている通貨や、弱く売られている通貨が発生します。

より多くの通貨ペアを見る事によって、通貨間の強弱関係も

トレード判断の要素として重視していますよ。

 

通貨強弱の偏りが生まれた時には複数通貨ペアで一気に仕掛け、

そうでない時には、何もせずじっと静観する。

という、メリハリをつけたトレードスタイルですよ。

 

普段、ボクが監視している通貨ペア一覧はコチラになります。

 

 

 

◎トレードの再現性

 

「トレードで勝つ」とは、その1回のトレードで勝つ事ではなく、

数回・数十回のトレード全体で勝ち越す事を意味します。

 

そして、それを成し遂げるためには、

 

「優位性あるトレードを再現し続ける」

 

事がとても大切です。

 

ボクのトレードスタイルは、

この「再現性の高さ」もまた、大きな魅力の1つです。

 

日々のトレードにおいて、この再現性を高めるために、

 

・仕掛けのタイミング

・ストップ・リミット位置の設定

 

を全て、独自に編み出したトレード手法て固定し、

極力シンプルな思考のトレードを繰り返し行うよう、心掛けていますよ。

 

※再現性の高さについては、コチラのブログ記事を参考にしてくださいね。

トレードの再現性!(また仕掛けポイントがリンクしました!)

 

 

 

ここまでお読み頂きありがとうございます。

 

ボクは、これらのトレードコンセプトを持って日々チャートと向き合い、

相場さんといい距離感を保ちつつも、値動きの偏りが生まれやすく、

優位性の高い局面と出会えればトレードを仕掛けていき、

勝ったり負けたりを繰り返しながらも、似たようなトレードを淡々と繰り返しています。

 

トレードにおいてしっかりした判断基準を持つ事ができれば、これは誰にでも実現可能なものです。

 

ただ1つだけ、トレードは「すぐにラクして稼げるもの」だとは思わないでくださいね。

勝てるトレード技術とは、いわば職人技のようなスキルであり、

適切な学びと、それを元にした正しい練習が必要です。

 

巷には、多くの優良なトレード教材が溢れているのに、

実際、FXで勝ち続けている人というのは、とても少ないのです。

 

これは、

 

「勝ち方(手法)さえ手にすれば、稼げる(はず?)」

 

といった、トレードに対して感じている「誤った認識」から来ています。

 

大切なのは、自分がホレたそのトレードスタイルに、

「わかる」から「できる」になるまで、日々反復練習していく事です。

トレードもスポーツ同様、コーチ指導の元による勉強と経験によってこそ、

ホンモノの技術として定着していくものです。

 

ボクにもトレードの師匠がいて、直接、裁量トレードを学ぶ事から始めました。

そして、師匠からの教えを日々受けながら、これまでたくさんの勉強と経験をしてきた中で、

現在の、強い相場観が形成されていきました。

 

そういった経験の中、

相場から利益を上げるために必要なトレード技術はもちろんですが、

そのトレード技術を使いこなす自分自身、トレーダーとしての正しい在り方、

トレーダー的思考回路が形成されていき、

日々の相場と向き合い続けるメンタルが強化されていきました。

 

値動きを捉えるトレード技術と、

トレーダーとしての正しい考え方を理解する一定のレベルに達した時に、

勝ち続けられるトレーダーとして、FXの世界で生きていけますからね。

 

 

◎最後に・・・

 

ボクは、トレードにおいて

 

「純粋にトレード技術を向上させる事に向き合い続け、

一生モノの、世界一ラクな金儲けのスキルを成熟させていく。

その為に必要な事を模索し、作り上げ、発信していく。」

 

といった信念で活動しています。

 

そして、

この世界に魅了された、同じ志を持つ同士たちが、

この世界で、それぞれの目的を達成させるべくガンバっている方たちが、

成功を掴み取るためのステップとして、ボクの発信が一助となれば幸いです。

 

一度身についたスキルはその後の人生において、

お金と時間を両立させるための、一生モノの宝となりますからね。

 

ではでは、

これからもお互いガンバっていきましょう! (^^)/

 

 

nana