波形の話し!(補足説明)

こんにちは!

nanaです

 

前回お送りしたブログ記事

「波形の話し!」

の動画内容なのですが、ブログ読者さんから

「ちょっとわかりにくいな~!」とお声を頂きまして (^^;

補足の意味を込めて、再度チャート解説をしてみました!

 

日足と4時間足、異なるサイズでの

波の関係性をメインに話ししていますので、

参考にしてみてくださいね。

 

波形の話し!(補足説明)(約14分)

 

 

 

今回の補足説明で、

上位足と下位足の関係性、

N字波形の有効性を汲み取って頂ければと思います (^^

 

ではまた~!(^^)/

 

 

トレードに関するご質問・ご感想・ご相談などありましたら、

以下「お問い合わせ」フォームよりお知らせくださいね(^^

トレード報告もお待ちしていますよ~

お問い合わせ

ブログランキングに登録しています!

応援クリックをしてもらうと、

これからのブログ更新の励みになります(^^


FXトレード日記 ブログランキングへ

 

“波形の話し!(補足説明)” への2件のコメント

  1. nanaさんいつもブログありがとうございます。
    今回、見終わった時、家宝にすべき動画だと思いました。本当にです。
    日足の流れは下、4Hの上昇を崩して(レンジを下抜け)て戻って、ここから下落!ってショートしたら上昇して損切。この時ショートした場所は日足で見ると、どこなのか?
    これを理解できるようになる動画でした。私も含めてこれを理解できてない人って意外に多いのかもとも思います。理解できていれば、検証の仕方も変わると思います。上記のような局面は当然負ける可能性が高いのにそれに気づかず連敗を重ね、「日足の向きと4Hの形は検証通りなのに、なぜ負ける?」って取り乱してる自分を想像すると恐ろしいです。本当に大事な内容だと思うので、理解できたと勝手に判断せずに繰り返し刷り込ませたいと思います。ありがとうございました。

    1. 境さん
      コメント頂きありがとうございます。

      今回の動画の内容を理解すると、上位足の流れと下位足の流れを重ね合わせた
      マルチタイムフレームの要素をちゃんと盛り込むことができますので、
      難しとされる損小利大トレードの実現ができますよ。

      各時間足のダウを別々に捉えるのではなく、
      「大きな波の中に小さな波がある」
      「上位足も下位足も、値動きは1つである」
      といった見方で検証していってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

添付画像(JPEGオンリー)