クロス円 またまたやっぱり下落!(AUDJPY+22.2pips NZDJPY+12.9pips EURJPY+35.2pips)

こんにちは!

nanaです

 

今回は、目先追いかけていたクロス円の値動きを振り返っていきます!

週始めの相場分析メルマガでお知らせしていた見立てでは、

「円高の下落を狙ってるよ~」という事でしたね。

 

↓↓その時のブログ記事はコチラ↓↓

クロス円 再度円高下落なるか?(クロス円下目線)

 

↓↓相場分析メルマガ動画はコチラ↓↓

▼2022.1.18 クロス円 再度円高なるか?▼ (約14分)

 

結果として、相場分析メルマガを配信したその数時間後、

トレードチャンスと出会う事ができました。

1/18(火)に3トレードを同時に行い、それぞれ、

・AUDJPY +22.2pips

・NZDJPY +12.9pips

・EURJPY +35.2pips

と、それぞれ小粒ながらも上手く切り獲れましたよ(^^

 

ということで、

18日の3トレードについて、見立てからエントリー、

その後の決済までを、時系列で振り返りながら

動画で解説しましたので、以下よりご覧くださいね。

 

※今回の解説動画では、N字パターンを捉えるために大切な

波の読み方・考え方にも触れていますので、

波乗りの参考に、じっくりご覧頂きたいと思います。

 

▼2022.1.18 クロス円 またまたやっぱり下落!▼(約17分)

 

▼2022.1.18 17:30 AUDJPY・NZDJPY・EURJPYショートエントリー▼

 

▼決済 AUDJPY +22.2pips  NZDJPY +12.9pips  EURJPY +35.2pips▼

 

↓↓解説動画内で紹介しているブログ記事はコチラ↓↓

nana流ダウ理論でチャートの波に乗ろう!

 

今回、

18日 11:00時点では、プルバックの上昇が

もう少し上の方まで深く入ってくるかな?という想定も立てていたのですが、

 

▼2022.1.18 11:00時点 日足・4時間足▼

 

数時間後、それはすぐやってきました。

15:00時点、4時間足波形の切り返しとなる(かも知れない)

強烈なピンバーが発生したのが1つのサインです。

 

▼2022.1.18 15:00時点 日足・4時間足▼

 

深めのプルバックも想定していたので、

ここから、4時間足サイズでのN字下落波が本当に発生していくのか?

を見極めるために、さらに下位足の値動きを確認する事にし、

4時間足を上位足、30分足を下位足とした、

マルチタイムフレーム分析を行ったところ・・・

AUDJPY・NZDJPYの30分足では、

直近の上昇波が崩れていました。

 

▼2022.1.18 15:00時点 4時間足・30分足▼

 

となると、

短期足でもN字の下落波を描くお膳立てが出来ているということで、

後は下落開始のタイミングを待つだけですね~

 

そして、

その出会いは、17:30にやってきました。

AUDJPY・NZDJPYの30分足が、

高値を切り下げるカタチで、下落が加速したところでエントリーです。

同じタイミングで、プルバック候補のレジスタンスラインに対して

Wトップを形成しようとしているEURJPYも、

円高同期による下落を見越してのエントリーを行いました。

 

▼2022.1.18 17:30 AUDJPY・NZDJPY・EURJPYショートエントリー▼

 

エントリー後は、いつもの通り、

ルール通りの逆指値(ストップ)と指値(リミット)をセットし、

後は放置という事で、その後・・・

 

▼決済 AUDJPY +22.2pips  NZDJPY +12.9pips  EURJPY +35.2pips▼

 

翌朝まで放置すると、こういった状態でした。

AUDJPY・NZDJPYは、オセアニア高にも引っ張られ

思いのほか伸びなかったですね~

大局で見る下げ幅はまだまだあるものの、

相場は次の波を描きにかかると考えて、

今回はデイトレと割り切っての、朝見た時点で手動決済です。

EURJPYに関しては、エントリー後大きく下落しており、

ルール通りに設定していた決済の指値注文を突き抜けて

利確で終了となっていました。

この日はGBPJPYと共に、円高・欧州安という

大きな下落を引き起こした図式になりましたね。

 

 

ここで、利確についての話しを少し。

 

その昔、まだトレーダーとして駆け出しの頃は、

今回のEURJPYのような、決済後さらに大きく値が伸びたのを見ると

「もったいなかったな~」

という意識がありました。

ですが、そういった意識があった頃は、利食いに失敗する事も多かったです。

エントリー後、含み益がどんどん増えていくと欲が幅をきかせ出し、

利食いのルールを都合よくねじ曲げたりしていたので。

その後、価格が戻され出すと、理性的な状態におれず、

変なところでチキン利食いをしたり、

さらに放置して建値や損切りなどを多数経験してきました。

 

その後、検証によって自分が作り上げたトレードルール通りに

必要な値幅だけを淡々と切り取るようにと、

一貫した行動を取るようになってからは、

トレード収支がグッと安定しましたね。

 

一般的に、利食いはエントリーよりも難しいと言われますが、

長年の経験から、ホントその通りだと思います。

今回のトレードも、粛々とルール通りに

完遂できて良かったなと感じていますよ。

 

本来トレードに求めるものは、

「大きく値幅を獲る快感」

ではなく、

「着実な資産形成」

のはずですから。

 

↓↓参考記事:利確について↓↓

利確について!その2(ブログ読者さん質問)

 

 

最後に、

ここ最近は、今回のようなデイトレサイズのトレードが多くなり、

発信内容もデイトレ寄りになっていますが、

大切なのは、

「どの時間足でトレードするか?」

ではなく、

「上位足のどの波の中の、どの部分を下位足で切り取っていくか?」

という、マルチタイムフレームの思考です。

 

チャートというのは、

どの時間足でも似た波を描くという、

フラクタル性がありますので、

ダウ理論とマルチタイムフレーム分析による、

N字波形を捉える思考は、

どの時間足でも同じ様に通用するものです。

 

「上位足の流れの中の、下位足の値動きを切り取る」

 

という、テクニカル分析の本質を知る

一助になれば幸いです。

 

ではまた!(^^)/

 

 

トレードに関するご質問・ご感想・ご相談などありましたら、

以下「お問い合わせ」フォームよりお知らせくださいね(^^

お問い合わせ

ブログランキングに登録しています!

応援クリックをしてもらうと、

これからのブログ更新の励みになります(^^


FXトレード日記 ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

添付画像(JPEGオンリー)