USDCAD雇用統計でやっぱり下落!(+58.1pips)

こんにちは!

nanaです

 

今回は、1/7(金)の、雇用統計を控えてのトレード戦略を立てていた

USDCADでトレードを行いましたので、

そのトレードを振り返ってみたいと思います!

 

1/7(金)午前の時点では、日足波形で見るキレイな反転戻り売りになるか?

という値位置を推移していました。

「ここから、どうやって下げていくのか?」という戦略を立て、

相場分析メルマガで動画配信もしていましたね。

 

↓↓その時の記事はコチラ↓↓

雇用統計を控えての戦略!(USDCAD下目線)

 

▼1/6午前時点でのトレード戦略▼

 

そしてその夜、22:30に控える

アメリカ雇用統計とカナダ雇用統計での値動きに注目です!

統計予想では、アメリカ雇用増、カナダ雇用減と、

一般的に考えると、ドル高カナダ安=USDCAD上昇

という内容になっていましたが果たして・・・

 

結果として、指標発表後にショートエントリーを行い、

+58.1pipsという結果でした!

その時の値動きを動画で詳しく振り返ってみましたよ。

 

▼2022.1.9 USDCAD雇用統計でやっぱり下落!(+58.1pips)▼(約12分)

 

▼2021/1/7 23:45 ショートエントリー▼

 

▼決済 +58.1pips▼

 

今回は、雇用統計発表後の値動きを詳細に見極めるために

4時間足以下の短期足チャートも表示して確認していました。

N字トレードの考え方をそのままデイトレードサイズにシフトした

Nトレダウンサイジングですね。

 

事前のトレードイメージとしては、指標発表に向けて一旦上に振り上げてから、

価格が切り返すところを上からショートで迎え撃つ戦略を最有力にしていましたが、

実際の値動きとしては、日中は、

目先発生しているサポートに支えられつつ、

とはいえ上昇する事もなく、ずっと横ばいで推移していました。

そして、22:30の雇用統計と同時に30pipsほどの瞬間下落から始まり、

その後全戻しという動きになりましたので、

上昇からの切り返しエントリーではなく、下落からの戻りを売る戦略にシフトし、

さてここからどうなるか?といったところを短期足の動きと

カナダクロス、ドルストレートの動きを見ながら見極めていました。

 

指標の結果としては、

アメリカ雇用統計が、予想45.0万人に対して結果は19.9万人

カナダ雇用統計は、予想2.50万人に対して結果は5.47万人と

アメリカ雇用者数は予想を大きく下回るサプライズ、

カナダ雇用者数は若干良い結果となり、

内容からして、

アメリカ経済=弱

カナダ経済=強

とも見て取れる数字が出ていました。

 

さてここから、

この結果が為替市場にどう反映されていくのか?

を、チャートの動きから読み取っていきます。

指標発表後、30分ほど経ったあたりからがポイントでした。

為替市場全体を見渡している中、ドルストレートチャートが

全面的にドル安方向に強く推移し出したのを見て、

4時間足波形で見る、H&S右肩を形成するための下落が開始されたと読み、

23:45分にショートエントリーです!

 

▼2021/1/7 23:45 ショートエントリー▼

 

エントリー後は、ルール通りの逆指値(ストップ)と指値(リミット)をセットをしてと、

トレーダーの、実働のお仕事とすればこれだけですね~

後は放置とうことで!

この後、含み益が大きく育っていくのを願いつつ、相場という荒波にポジションをリリースです。

そして翌朝、チャートを開いてみると・・・

 

▼決済 +58.1pips▼

 

エントリー後、当初の読み通り大きく下落が入ってくれていて、

利確で決済が完了していましたよ!

4時間足チャートの波では、H&Sパターンの完成、

日足チャートの波では、想定通りのキレイな戻り売りの下落波チャートとなりましたね。

 

今回もまた、大きな値動きが起きる前に、その兆候がチャートに織り込まれていたと思います。

エントリーの時間帯的に、週跨ぎも考慮していましたが、

その日のうちにリミットまで届いてくれて何よりでした。

 

という感じでございまして、1/7の雇用統計トレードは、

日足の戻り売りを狙った短期足デイトレードか上手く決まりました!

気分のよい週末を迎えられて、よかったよかった(^^

 

それではまた~(^^)/

 

P.S.

振り返れば2017年2月より始めたこのブログ、

おかげさまで、読者さんもずいぶんと増え、

僕の、N字トレードの考え方も少しは浸透してきたと感じています。

ですので今後は、マルチタイムフレームを活用した、

こういった短期足でのトレードも発信していこうかなと思っていますよ。

ブログを遡っての、2018年夏以前に発信していたような、

短期足サイズのデイトレードですね。

 

▼デイトレ参考ブログ記事▼

やっぱりドル高! (ユーロドル+81.4pips ドルスイス+22.2pips)

 

ここで大切にしてもらいたいのは、

「どの時間足でトレードするのがいいのか?」

ではなく、

「どの時間足でトレードするにせよ、

トレードする時間足から見る、上位足の波に沿ってトレードしていく事。

上位足の波と下位足の波をマルチタイムフレーム分析によって

しっかりと重ね合わせながらトレードしていく事。」

です。

 

相場が描く波というのは、時間足の違いによって大小さまざまありますが、

どの時間足でも似たような波を描くという、フラクタルな性質がありますので、

上位足と下位足の波を重ね合わせて相場の流れを読むという

マルチタイムフレーム分析の有効性、

N字の中のN字というチャート分析の有効性を、参考にして頂ければ幸いです(^^♪

 

 

トレードに関するご質問・ご感想・ご相談などありましたら、

以下「お問い合わせ」フォームよりお知らせくださいね(^^

お問い合わせ

ブログランキングに登録しています!

応援クリックをしてもらうと、

これからのブログ更新の励みになります(^^


FXトレード日記 ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

添付画像(JPEGオンリー)